相続は生前準備が大切

相続ではトラブルがよく起こる

相続のトラブルは起こりやすい

定年後もまだまだ元気が有り余って、老後という言葉が実感として考えられなかったという方は多いでしょう。しかし70を過ぎたころに差し掛かると「相続」「遺産」という言葉が急に身近に感じられるようになってきます。相続について弁護士に相談したいならしっかりと情報を取り入れておきましょう。

サラリーマン時代には子育てなどで出費が多く、財産形成なんて考えられなかったという方も、改めて身の回りを振り返ってみれば自宅他家族に遺すものが意外とあることに気づかれるでしょう。

定年後の静かな生活にも慣れ、多忙だったサラリーマン時代はあまり会話する時間を持てなかった妻や子供たちと話す機会も増え、家族のために平和な相続を願うのは自然な感情です。

しかしながら、やはり「遺産相続」というものは、慎重に取り組むべき問題で、いかに仲の良い家族であったとしても相続のトラブルは起こりやすいものなのです。かつての自分たちと同じように、子供たちは子育てで一番経済的に大変な時期を迎えていてあなたから遺される遺産は本当に大きな意味を持っています。

また、妻である奥様はあなたと自分の安全な老後を強く望んでいるはずです。家族間の関係というものは表面的には穏やかに見えても、それぞれが相手に対して何らかの感情のもつれを持つということも珍しくありません。

あまり家族と過ごす時間が少なかったと思われる家族の長である男性には気づくことができない場合が多いので、遺産相続の話し合いの時に、溜まっていた不満がこの機会に一気に爆発したという場合もよく見受けられます。お金の話、しかも遺産という問題については、それぞれの主張やエゴが露呈することを覚悟のうえで、家族それぞれにとって最適な配分を考えたいものですね。

Copyright © 相続ではトラブルがよく起こる. All rights reserved.