相続は生前準備が大切

遺産相続は生前から準備すべし

生前の相続対策は遺言書

まず、遺産相続という言葉の意味を改めて理解しておきましょう。あなたから家族へ引き継がれる遺産は、あなたが生前に持っていた全てのお金や各種不動産、各種権利が含まれますが、ローンなどの負債もその中に入ることを覚えておきましょう。なるべく借金の類は終わらせておくことがベターですね。

よく言われる遺産相続にかかわるキーワードとして「被相続人」とは、遺産相続を行う際に、相続財産を遺して亡くなった方のこと指し、「相続人」とは被相続人の財産を受け継ぐことのできる人をいいます。

被相続人であるあなたが生前にできること、ぜひしておくべきことは、まず遺言書を書き残しておくことです。あなたが家族に遺す財産を築いてきたのは、収入を得てきたあなたです。ですから、遺産相続においては被相続人であるあなたの意思や考えはできる限り尊重されるべきだと法的な場においても考えられるからです。

なるべく元気な早いうちから準備しておきたいですね。あなたのはっきりとした意志表示である遺言があることで、残された家族たちのあいだのトラブルを最小限に抑えるためにもぜひ残しておきましょう。もし、体が不自由などの理由で意思表示が難しい家族がいる場合には「事成年後見制度」を利用すれば、家庭裁判所が援助者を選び、本人を保護してくれますから手続きしておくとよいでしょう。

また自営業の方の場合は、事業継承対策も必要です。残される側が最も気になる相続税対策としては、生前贈与しておくことが一番有利で多くの方がとる方法です。また、この生前贈与によって、本来相続人となれない内縁関係にある配偶者や、再婚した配偶者の連れ子や、孫などに遺産を相続することも可能になります。

Copyright © 相続ではトラブルがよく起こる. All rights reserved.