相続は生前準備が大切

遺産相続になるものならないもの

遺産相続の基礎知識について

では、ここであなたが残した財産の中で、遺産相続になるものとならないものについて考えてみたいと思います。まず、遺産に該当しないものとして把握しておきたいものとしては、受取人指定のある生命保険金です。あなたが受取人として指定した人は全額あなたの生命保険金を受け取ることができ、他の相続人と分け合う必要はありません。

また、意外かもしれませんが、お墓や、仏壇・仏具、神具なども相続対象外の遺産となります。

一身専属権、身分上の権利や、生活保護受給権や身元保証債務、扶養請求権などの権利も相続対象外となります。ついついお金や土地のことばかりに目を向けがちですが、こういった相続対象外となる権利についても考慮しておく必要があります。

遺産相続時には、プラスとなる財産だけではなく、マイナスとなってしまう財産も含まれることを覚えておきましょう。マイナス遺産の筆頭は借金ですね。残念ながら残された遺産内容によっては、プラスよりもマイナスが勝つこともあり、その場合は相続人は、相続放棄することとなりあなたの遺産は引き継がれることはなくなるのです。なるべくマイナスは極力なくしプラスの状態で引き継ぎたいものですね。

このように、残された遺産は、その財産が相続人にとってプラスかマイナスかを判断した上で、プラスと判断された場合に相続されます。

相続の方法は3つです。
「単純承認:すべての相続財産をそのまま相続する」
「相続放棄:相続財産を放棄することで、相続が開始したことを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して申立を行う必要があります」
「限定承認:プラスの部分だけ相続することです。相続が開始されたことを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して申立を行う必要があります」

このように並べてみると「限定承認が一番メリットが大きい」と思われますが、相続人全員が共同して申立てるひつようがあること、一人でも単純承認した相続人がいると申立が出来ないことなどから、実際には困難を伴うケースもあります。また、共同相続人のうち一人でも相続財産を使い込んでいたり、隠匿行為をしていると、単純承認以外の選択肢はなくなります。

Copyright © 相続ではトラブルがよく起こる. All rights reserved.